無職キャッシング

「無職でもお金を借りられる?」

無職でお金を借りられるのは、専業主婦と学生だけです。特に主婦の方は「パートもしてない専業主婦だけど、キャッシングできる?」という疑問があると思います。大丈夫です!配偶者に収入があれば無職の専業主婦でも借りられます!学生はバイト収入があればOK!無職でも借りられるキャッシング

無職でも借りられるキャッシング一覧

専業主婦でも限度額なし!

オススメ
金利 4.5~18.0%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • 専業主婦でも限度額なし!
  • 選べる2種類の無利息。
  • セブン銀行ATM手数料無料。
公式サイトを見る

専業主婦でも30万円までOK!

オススメ
金利 4.6~14.6%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • 専業主婦でも30万円までOK!
  • コンビニ手数料無料。
  • 最短即日融資。
公式サイトを見る

専業主婦でも50万円までOK!

オススメ
金利 4.6~14.6%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
  • 専業主婦でも50万円までOK!
  • 14時までの申込は原則即日回答!
  • 月々の返済額3,000円から。
公式サイトを見る

審査が通りやすいキャッシング

出金日の翌日から30日間無利息!

オススメ
金利 3.8~13.8%
限度額 800万円
収入証明書 300万円まで不要
  • 出金日の翌日から30日間無利息!
  • 在籍確認の方法が電話か書類から選べる!
  • 三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、セブン銀行などの指定口座から口座振替返済にするとカードレス!
 公式サイトを見る

3秒診断

オススメ
金利 4.7~18.0%
限度額 500万円
収入証明書 100万円まで不要
 公式サイトを見る

全国対応!


オススメ
金利 4.0~14.5%
限度額 10~500万円
収入証明書 300万円まで不要
  • 全国対応!
  • 最短30分審査回答!
  • セブン銀行ATM手数料無料。
公式サイトを見る

無職でも借りられるキャッシングをまとめると…

無職の借入」というと、「えっ!?無職でもカードローン借入できるの?」という誤解があるかもしれませんが、ここで紹介しているカードローンは無職でも配偶者に収入のある専業主婦と、学生に対象を絞っています。お金を返す当てがないのに貸してくれるところってないですし。ちなみに「仕事を辞めて次を探している最中」という方は、働く意欲があっても無職ですね。クビになれば失業手当がすぐに受取れますが、自分から退職した場合は6ヶ月後からしか受け取れないんですよね。でも6ヶ月間も無職を続けるというのはちょっと怖いですね。やりたいことが決まっていれば覚悟もあるでしょうし、コンビニバイトでも派遣でもやりながら夢を追えばいいですが、貯金が多少ないと厳しいですよね。

話を専業主婦と学生に戻します。新訳:専業主婦の年収を解説します!平均年収.jpを見ると、約40万円~45万円ぐらいが専業主婦の月給と書いてあります。専業主婦は立派な労働ですよね。家を守るというのは大変です。仕事に出ている夫からしても、天気の良い日は布団を干してくれたり、毎日の洗濯、靴の天日干し、ペットの世話、Amazonで買った本やCDの受取りなど、家にいないとできない用事を専業主婦の妻がしてくれるのは大変ありがたいです。しかし、夫の収入がそこそこ高くない限り専業主婦でも夫の給料だけでやりくりするのが大変ですよね。妻としては「もっと稼いで来い!」とは言いにくいし、雇われの場合は自分の収入の増減はコントロールできないですし。

夫に内緒でブランドバッグや服なんかを買ってしまった場合、内緒で働くにしても時間が限られているのでなかなかパートは難しいでしょうし、今までの生活スタイルを変えてパートに出るのも面倒…。そこで「無職の専業主婦でもサクッと借りられるキャッシングがあれば、やりくりがもっと楽になるのになぁ」というニーズが出てくるワケです。すぐに金貸してくれ!今すぐや!と言われても学生でも同じで、「学生でも借りられるカードローンがあればな」という思い。この2つのニーズを満たすお手伝いをするのがこのサイトってワケ。

無職でもお金を借りたい主婦たちの声

私の節約術はポイント○倍の日にまとめ買いをすることです。子どものミルクやオムツなど必ず使うもので日持ちのするものはポイントの高い日にまとめ買いをしています。そこで注意する点はその商品の最安値を知っておくことです。いくらポイントが高くても商品自体が他のお店より高いと損をしてしまうことがあります。この節約術で私はミルク1缶につきポイント還元分も合わせて約600円分節約出来たことがあります。最安値を調べてポイントの高い日にまとめ買いをすることは私の中でおすすめの節約術です。


食費が一番削れるところなので、1週間に使っていい金額を決めてスーパーの特売日や、ポイント5倍デー(ポイントは1ポイント1円で使えます)などを狙って行っています。それ以外はなるべく行かないよう心がけてます。そして、閉店30分前は魚、肉、惣菜類が値下がりするので、夕飯を食べた後に買いに行きます。半額シールがつくことが多いので、本当にねらい目です!安く買った惣菜は、主人と自分の弁当のおかずになることが多いです。


お給料から、毎月の予算を袋に分けて管理しています。食費・日用雑貨費が主な日々の生活費です。住居費や光熱費は、少し多めに振り込んで、年度末に残金を下ろして、貯金に回します。 その他、車の維持費や医療費は、毎月2万円を予算に組み入れてこちらも封筒管理です。支出の無い月もあるので、そのまま封筒の中で繰り越していきます。車の維持費は、自動車税を払う月に袋リセットし、こちらも残りは貯金へ回します。医療費は、二ヶ月単位ぐらいで残金を貯金へ移動させます。 いわゆる、残金貯金ですね。


買いすぎない。 これに尽きるでしょうか。 保存の効くものについては、広告の品やお買い得品になっている時にしか買わない。 肉や魚は、安くて良さそうなものが揃っている時だけ、買って冷凍。 野菜は買っておいてもあまり保存できないので、近所の八百屋で新鮮なものを選びます。 ここでもなるべく、その日安くなっている野菜を買ってそれから献立を考えます。 子供はスーパーに連れて行くと、あれ買ってこれ買ってが始まるので、 パパと公園で遊んでいる隙に、大急ぎで買い物を済ませます。


まず、給料を二つの口座に分けて入金しています。 ひとつは貯蓄用で、もうひとつは生活費に使用する用で各種引き落としもこちらの口座からにしています。 貯蓄用の口座はキャッシュカードを作らず通帳のみにしていて、簡単におろせない様にしています。 生活費の中で節約を心がけているのは食費です。 月初に家から少し遠いところにある激安スーパーにて肉類をまとめ買いし、冷凍して1ヶ月間使います。 野菜はなるべく家の畑で作り、足りない時は産直で安いものを買い、スーパーはあまり使わない様にしています。 おかげで1ヶ月の食費は大人2人と子供1人で3万円以内に収まっています。


最近では、nanacoカードや、WAONカードにある程度入金して、あまり現金を持たない様にしています。 それでも、全くないのも困るので、最低限はお財布に入れています。 上記の様に、各カードにチャージしたり、そのカードでポイントを貯めたりしています。あとは、小銭を小瓶に入れてちょっとずつ貯めてみたり、お金を下ろすときには必要最低限しか下ろさなかったりと気を付けています。 節約としては、弱いかもしれませんが、やるとやらないとでは違ってきます。


私の節約術は一番に家計簿を必ずつけることです。家計簿をつけることで月々の出費が把握でき、今月が赤字でも翌月で黒字にするなど年間トータルでコントロールできるからです。家計簿をつけることでお金を流れを把握し、自分の家庭はどこにお金をかけているのか一目瞭然。無駄な出費も抑えることができます。そして、その家計簿は食費の内訳など、あまり細かく記載しないこと。細かすぎると記入が面倒になるので、ざっくりでいいし、残高が多少合わなくても気にしないことです。そうして長く続けることが家計簿の一番大切なことで、結果家計の節約につながります。


私は節約が苦手なのですが、やはり節約できるところは食費です。後は当たり前のことですが、必要ないもの(いるかもしれないと思うもの)は買わないことです。食費の節約は家庭によってやり方が違いますが、私は週1回だけ買い物に行きます。1週間の献立は決めず、安くて良いものを買い、それで1週間乗り切ります。豚挽き肉と牛挽き肉はコストコで買い、小分けにして即冷凍保存します。外食は1週間か2週間に1回しています。そこではケチケチしません。なので、普段家で作るとき頑張って節約できるのだと思います。節約に息抜きはとても大事です。最後に、食材の買い出しに旦那は連れて行かないことです。いらないものを買わなくて済みます。(笑)


節約術は、まずスーパーの広告を数店比較して底値を調べてから買い物に出かけるようにしています。隣接しているスーパーだと広告に掲載されていないタイムセールを思いがけずやっている事があるので、買い物は必ず夕方に行くようにします。こういった事に日頃から気をつけているだけで月に何万円も差がでたりするので地道な作業ですが決して侮れません。あとは毎日買い物に行かずに一週間の献立を決めてから買い物に出て、一週間分の材料のまとめ買いをすると,余分なものを買う機会を減らす事ができるので結果的に節約につながります。


一ヶ月食費を3万円とするならば一日1000円を目安にして食費を考えるようにしています。例えば食材はまとめ買いをして、あまりスーパーに行かない様にする。頻繁に行くとつい余計な物まで買ってしまいます。だいたい一週間分の献立を考えてメインの食材を買い冷凍庫に入れます。後はその日必要な分があれば買い足します。毎日の食費って結構お金が掛かるからなるべく食費で節約しようと心がけてます。料理上手は節約上手とはよく言ったもので食費を削ろうと思うと料理に工夫が必要だなと感じています。今はクックパッドなど料理サイトも良く見る様になりました。